育英小学校

育英小学校で取り組んでいるふるさと学習をご紹介します。

育英小学校では、「ふるさと須佐を誇りに思う育英っ子を育てる」という学校教育目標の達成に向けて、ふるさと須佐を知り、愛し、須佐でしかできないオンリーワンの活動を展開しています。

<ふるさと学習テーマの一例>

※上記にご紹介しているのは、あくまでも一例です。育英小学校の詳しい教育方針等については、学校HPをご覧いただくか、学校にお問い合わせください。

育英小学校 海の森(藻場)再生事業への協力

ブロックペイントによる意識・意欲付け
複合的な要因により、自然環境が変化してきています。自然の保全、地球温暖化防止、ふるさとの自然を次世代につなげていくために、海の森(藻場)再生事業に協力しています。

中学生による藻場へのブロック投降見学(1~3年)



育英小学校 須佐夏祭りへの協力

祇園車での出演
 平成25年7月の須佐豪雨災害から4年が経過しました。幹線道路の整備が進められていますが、さらに地域全体で須佐を盛り上げ、元気にしようと夏祭りに協力しています。
和船競漕への参加(6年)
ダンスパフォーマンス

ジャグリングへの出演

育英小学校 須佐ふるさと祭りでの「子ども田植えばやし」「子ども神楽舞」の披露

子ども田植えばやし(3~6年)
11月3日のふるさと祭りでは、地域に伝わる伝統・文化を継承する活動と、ボランティアとして販売を手助けする活動を展開しています。「子ども田植えばやし」は上三原田植えばやし保存会の皆様に、「子ども神楽舞」は下三原神楽舞伝承活動実行委員会の皆様に、継続してご指導いただきました。
子ども神楽舞(3~6年)

育英小学校 平成育英発表会と3世代もちつき交流会

平成育英発表会
11月18日には、自己有用感を高め、地域の方々に感謝する平成育英発表会を行い、日頃の学習の成果を文化センター大ホールで発表しました。その後地域の方と交流しながら3世代もちつき交流会を体育館で行いました。
3世代交流もちつき大会

明倫小学校

明倫小学校で取り組んでいるふるさと学習をご紹介します。

<ふるさと学習テーマの一例>

※上記にご紹介しているのは、あくまでも一例です。明倫小学校の詳しい教育方針等については、学校HPをご覧いただくか、学校にお問い合わせください。

明倫小学校 3年生 明倫しせきたんけん

旧明倫小学校(現:萩・明倫学舎)は、校地内に史跡が点在しています。そこで、「調べて分かったことを観光客に教える。」という目的意識をもって学習計画を立てました。

まずは、萩・明倫学舎の方やボランティアガイドの方から現地(4カ所)で説明を聞き、興味をもったものについてグループで調べました。

そして、2日間、萩・明倫学舎へ赴き、史跡について調べたことをフリップを使って観光客の方に伝えました。自分たちから進んで声を掛け、一生懸命に発表する姿が見られました。また、この学習を通して、子どもたちは「史跡を大切にしたい。」という思いをもったようでした。